国語言葉の意味

【慣用句】「下種の勘繰り」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「下種の勘繰り」について解説する。

端的に言えば下種の勘繰りの意味は「卑しい者が疑いをかけること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「下種の勘繰り」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。下種の勘繰りはしない主義だが、芸能界のスキャンダルに興味がないわけでもない。もちろん芸能以外のニュースにもひと通り目を通す。

「下種の勘繰り」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「下種の勘繰り」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「下種の勘繰り」の意味は?

「下種の勘繰り」には、次のような意味があります。

品性の下劣な者は、とかく気をまわして邪推するものだ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「下種の勘繰り」

まず始めに、「下種の勘繰り」は「げすのかんぐり」と読みます。「下種」は「げしゅ」や「かしゅ」などとは読みませんので注意しましょう。

慣用句「下種の勘繰り」の意味は「卑しいものは邪推しがちだ」です。品性の低い者ほどあれこれ良くないことを考えてしまうということを表します。

「下種の勘繰り」の語源は?

次に「下種の勘繰り」の語源を確認しておきましょう。

「げす」はもともと漢字で「下種」「下衆」「下司」と書きますが、これは身分の高い者を表す「上種」「上衆」に対してできた言葉です。「上種」と「上衆」はどちらも「じょうず」と読みます。その「げす」は、はじめは「身分の低いこと」を表していましたが、転じて「心が卑しい、下劣である」という意味で使われるようになりました。

その下種が「勘繰る」、言い換えると「悪い意味に考える」ことが「下種の勘繰り」となります。

次のページを読む
1 2 3
Share: