国語言葉の意味

【故事成語】「一炊の夢」の意味や使い方は?例文や類語を校正者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「一炊の夢」について解説する。

端的に言えば一炊の夢の意味は「人生の栄枯盛衰のはかないことのたとえ」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大学で中国文学を専攻していた現役校正者の朱月を呼んだ。一緒に「一炊の夢」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

akatsuki

ライター/朱月

大学で中国文学を専攻した、漢文好きの校正者。13年の校正経験を生かし、丁寧に解説する。

「一炊の夢」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一炊の夢(いっすいのゆめ)」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。この言葉は、「一炊之夢」という四字熟語としても知られています。

「一炊の夢」の意味は?

「一炊の夢」を辞書で引いてみると、次のような意味が載っています。

人生の栄華のはかないたとえ。黄粱の夢。盧生の夢。邯鄲の夢枕。

出典:精選版 日本国語大辞典(小学館)「一炊の夢」

古来、人々は人生の成功を夢に見てきました。富や名声を得たいと願い、努力し、実際にそれを叶えた武将や為政者もいます。

しかし、成功する人ばかりではないのが世の無常なところ。また、ひとたび成功したとしても、その栄華が長く続くとは限りません。「一炊の夢」という言葉は、そのような物悲しさを教えてくれるようですね。

「一炊の夢」の語源は?

次に「一炊の夢」の語源を確認しておきましょう。この言葉の出典は、中国・唐代の沈既済(しんきせい)という人が書いたとされる伝奇小説「枕中記(ちんちゅうき)」です。

邯鄲の宿屋で、盧生という青年は道士・呂翁から「出世が叶うという枕」を借りてひと眠りします。立身出世の一生を夢に見た盧生が目覚めたところ、宿屋の主人はまだ黄粱(こうりょう=きびのこと)の飯を炊いている途中でした。盧生が夢を見ていたのは、わずかな間のことだったのです。

ここから、「人生の栄枯盛衰はあっという間の短いものだ」というたとえとして「一炊の夢」や「黄粱一炊の夢」などの故事成語が生まれました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
akatsuki