国語言葉の意味

「露ほども」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「露ほども」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

では「露ほども」の類義語をみていきましょう。

「微塵」

「微塵」とは「非常に細かいチリ」のこと。池等にいる2㎜くらいの小さな甲殻類プランクトンのことを「ミジンコ」といいますね。「ミジンコ」は漢字で「微塵子」と表します。

「微塵」も「露」と同じように「微塵も~ない」という表現で用いられ「少しも~ない」という意味で用いられるのです。

「露ほども」の対義語は?

続いて対義語です。

 

「山程」

「山程」は大量にあることを示す言葉です。

「大掃除をしたら、捨てなければならないものが山程あった」「隠していたテストが山程でてきた」という使い方をします。

否定の言葉を伴って「少しも~ない」という意味をもつ「露ほども」の対義語ですね。

「露ほども」の英訳は?

image by iStockphoto

「露ほども」を英語で表現してみましょう。

英文1.  Far be it from me to betray her.

私は彼女を裏切るつもりなど露ほどもない

英文2.  “I didn’t mean at all to make you sad,” he said.

「私はあなたを悲しませるつもりは露ほどもなかった」と彼は言った。

英文1「Far be it from me to betray」は直訳すると「背信行為をするつもりは私には全くない」。つまり、「浮気をするつもりは全くない」ということです。「Far be it from me to do」「~しようとする気が全くない」ということを表現する場合に用います。「~しようとする気が全くない」ということは「~するつもりが露ほどもない」ということですね。

英文2を直訳すると「私はあなたを悲しませるつもりはまったくなかった」。「not at all」「全く~ない」というという意味です。「悲しませるつもりは全くなかった」ということは「悲しませるつもりは露ほどもなかった」と表すことができますね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「微塵も~ない」は「露ほども~ない」の類義語だが、日常会話では「露ほども~ない」よりも使われる頻度が高い

「優しさなど微塵もない」「頼り甲斐なんて微塵もない」…まぁ、世の中にはこんな大人も少なからずいるからな。オマエらはそんな大人になるなよ。

「露ほども」を使いこなそう

この記事では「露ほども」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「露ほども」は「少しも」「ちっとも」という意味で、主に「露ほども~ない」という形で用いられ、類義語は「微塵」、対義語は「山程」。そして英語では「Far be it from me to do」等と表されることがわかりましたね。

百人一首にも「露」という言葉をモチーフにした歌が4首収められています。どんな歌があり、「露」がどんな意味で用いられているのか…自分で確かめてみて下さい。

1 2
Share: