地学地球宇宙理科

5分でわかる日食と月食!両者のメカニズムは?現役理系学生ライターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は「日食と月食」について解説していくぞ。

日食と月食はどちらも有名な天体現象だ。両者とも非常に珍しい天体現象で、その様子は美しい。多くの方が一度は見てみたいと思っているだろう。この記事では、日食と月食のメカニズムや種類などを中心として、解説を進めていく。ぜひ、この機会に日食と月食についての理解を深めてくれ。

環境工学を専攻している現役理系学生ライター通りすがりのペンギン船長と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

pen_teppo

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。エネルギー工学、環境工学を専攻している。これらの学問への興味は人一倍強い。土壌、生態系、気象、地球温暖化について学んだこともある。

日食と月食について学ぼう!

image by iStockphoto

日食と月食はいずれも地球上から観測することができる天体現象ですこれらの現象は非常に珍しく、見た目が美しいため、天体ショーと表現されることもありますよ。これらの天体ショーには世界中に多くのファンがおり、日食や月食がおこるとき、それらを見られる場所には多くの人が訪れます。

今回の記事では、そのような有名な天体ショーである日食と月食のメカニズムなどを自然科学の観点で説明していきますね。日食と月食のメカニズムを解説する中で、見慣れない地学の用語が登場することがあるかもしれません。そのような場合は、用語の意味をしっかりと確認しておいてくださいね。それでは早速、解説をはじめます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

日食や月食は天体ショーと表現されることがあるぞ。

日食とは?

日食というのは、地球から見た太陽の一部分またはすべてが、月によって覆われる現象のことをさします。このとき、太陽、月、地球の順で天体がほぼ一直線上に並びますよ。それゆえ、地球上に届く太陽光の一部は月に遮られ、地球の表面には大きな影が現れます。そして、この影ができるところが日食を観測できる場所と一致するのです

日食が生じると、地球に届く太陽エネルギーの総量が小さくなり、わずかな気温の変化などを引き起こします。また、日食の際には太陽からの光が届きにくくなるので、あたりが暗くなることがありますよ。これらの現象に伴い、様々な生物が普段ではとらないような行動をすることもあります。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

日食は太陽が月によって覆い隠される現象だ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
pen_teppo