国語言葉の意味

「酒は百薬の長」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「酒は百薬の長」について解説する。

端的に言えば酒は百薬の長の意味は「酒はほどよく飲めば、どんな薬よりも体に良い」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「酒は百薬の長」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「酒は百薬の長」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「酒は百薬の長」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。ちなみに、この言葉の読みは「さけはひゃくやくのちょう」です。

「酒は百薬の長」の意味は?

「酒は百薬の長」には、次のような意味があります。

酒はほどよく飲めば、どんな薬よりも健康のためによい。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「酒は百薬の長」

「酒は百薬の長」とは「酒はほどよく飲めば、どんな薬よりも健康のためによい。」という意味の言葉。適量のお酒を飲むことは、リラックス効果を高めたり、食欲を増進させたりするなど、健康的に生活を送る上でのメリットを得られることがあります。しかし、毎日の飲酒が病気にならない、良薬であるという考え方には直結はしません。

アルコールを摂取しすぎれば、悪玉コレステロールが増加するなど健康への影響は避けられないのです。よって、酒イコール万能薬ということではなく、あくまで「ほどほどに」飲むことによって、日々の暮らしを円滑にすることが出来るということになります。

「酒は百薬の長」の語源は?

次に「酒は百薬の長」の語源を確認しておきましょう。この言葉は「漢書」という前漢の時代の書物の中に登場した「酒百薬之長」という文章からきています。また、日本の書物でも「徒然草」の中で、同じような表現がありました。ただし、こうした文書の中でも、飲みすぎてはいけないということは表現されています

「酒は百薬の長」の使い方・例文

「酒は百薬の長」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「酒は百薬の長」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: