国語言葉の意味

【慣用句】「手取り足取り」の意味や使い方は?例文や類語を日本語教師の大学院生が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「手取り足取り」について解説する。

端的に言えば手取り足取りの意味は「細かいところまで丁寧に教える/世話する」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は、ロシアで2年間日本語教師として働いた大学院生ライターの「むかいひろき」を呼んだ。一緒に「手取り足取り」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間日本語教師として働いた経験を持つ大学院生。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:60文字

「手取り足取り」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手取り足取り」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:34文字

「手取り足取り」の意味は?

「手取り足取り」には、次のような意味が国語辞典に掲載されています。

ID: ↑パーツ内本文:33文字

細かいところにまで行き届いた世話をするさま。何から何まで丁寧に教えるさま。「―めんどうをみる」「―して指導する」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手(て)取(と)り足(あし)取(と)り」

ID: ↑パーツ内本文:94文字

手取り足取り」は「細かいところまで行き届いた世話をするさま」「何から何まで丁寧に教えるさま」という意味の慣用句です。どちらかというと後者の意味で使用されることの方が多いですね。ただ、「細かいところまで」「丁寧に」というニュアンスは共通しています。

ID: ↑パーツ内本文:124文字

「手取り足取り」の語源は?

次に「手取り足取り」の語源を確認しておきましょう。

「手取り足取り」の語源はよく分かっていません。一説には、何かを丁寧に教える時に「口先だけではなく、直接手を取ったり足を取ったりして教える」という意味から「手取り足取り」が誕生した…とも言われています。

ただ、古文では「手取り足取り」は、「多くの人が、力を合わせて人の手足をかかえ持つさま。また、押さえつけるさま」「多くの人に妨害されるさま」という意味でも使用されているので、上記の説が正しいかどうかの判断は難しいですね。

ID: ↑パーツ内本文:245文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: