理科生物生物の分類・進化

「生物の進化」に”証拠”ってあるの?5つの証拠について現役講師が解説します

よぉ、桜木建二だ。

突然だが、今この記事を読んでいる君は「生物は進化する」という現象を信じるだろうか?小学生や中学生は理科の授業で、高校生は生物の授業で進化について学習するが、「進化の”証拠”は?」と聞かれて、すぐに回答するのはなかなか難しいものだ。簡単そうで厄介なこの問いについて、今回は考えていきたい。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

『生物の進化』をなぜ信じるのか?

『多種多様な生物は進化によってうまれてきた』…ほとんどの人にとって、これは常識であり、疑う余地のない言葉ではないでしょうか。

最近では、小学生でも”進化”という言葉を知っています。恐竜などの大昔の生物が好きな子どもであれば、すでに滅んでしまった生物を図鑑などで知り、生物の進化や絶滅について詳しくなることもありますよね。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

下手な大人より知識がある幼稚園児なんかもいるよな。

大人であっても、学生時代に習ったのか、はたまたテレビなどで得た知識なのか…当然のように『生物の進化』という考え方を受け入れている人が多いですよね。

では、ここで意地悪な質問を一つ。なぜ皆さんは『生物の進化』を信じるのでしょうか?

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ん?どういうことだ?

サルの仲間から人間が進化してきたとか、Aという種からBが進化してきたとか…そういった進化って、多くが数百年数千年という時間を経て現れてくるものです。その現場を自分の眼で見て確認した人っていると思いますか?

私たちのように現在生きている人間が、生物が進化して新たな種が生じる様子を目撃することってできるのでしょうか?

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

たしかに、多くの生物が進化によって出現してきたとは思いながらも、その現場を見たものはいないだろうな…。学校で教えられたから、といってしまえばそれまでだが。

物理学や化学の実験とは違い、生物学のなかの進化という現象は、簡単に実験で確かめてみる、ということが難しいものです。何万年も生き続けて、生物の進化を見届けてきた人間はいないはずですよね。

image by iStockphoto

それでは、なぜ生物学者たち、そして私たちは『多種多様な生物は進化によってうまれてきた』ということを信じるのか。その現場を直接見た人はいないけれど、間接的な証拠といえるものや現象が、数多く確認されているからなのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka