理科生物細胞・生殖・遺伝

「ブルース効果」って知ってる?生殖にかかわる現象を現役講師が解説します

よぉ、桜木建二だ。この記事では、マウスを使った実験で確認された現象である「ブルース効果」について紹介していきたいと思う。

ブルース効果は、生命活動の中でも特に重要な”生殖”、”妊娠”に関連している現象だ。半世紀以上前に発見されたのだが、近年この現象に関する新たな知見が得られてきている。非常に興味深い内容なので、ぜひ一読してみてくれ。

大学で生物学を学び、現在は講師としても活動しているオノヅカユウに解説してもらおう。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字
yu_onozuka

ライター/小野塚ユウ

生物学を中心に幅広く講義をする理系現役講師。大学時代の長い研究生活で得た知識をもとに日々奮闘中。「楽しくわかりやすい科学の授業」が目標。

ID: ↑パーツ内本文:68文字

ブルース効果とは?

ブルース効果は、1959年にイギリスの生物学者ヒルダ・ブルースによって発見された現象です。哺乳類…とくに妊娠したメスのマウスで確認されることがあります。

ブルース効果の内容を一言で説明するのは難しいので、まずは彼女の行った実験のお話をしましょう。

ID: ↑パーツ内本文:131文字

image by iStockphoto

ブルースの実験に使われたのは、実験動物としておなじみのマウスです。

ブルースは、実験のためメスのマウスとオスのマウスを同じケースで飼育していました。生物学や医学に携わる人であればおなじみですが、成熟したマウスは雌雄ともに飼育すると比較的すぐ交尾を行い、あっという間に妊娠、出産します。

ID: ↑パーツ内本文:143文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

ハツカネズミ(二十日鼠)という名前は、妊娠から20日程度で子供が生まれることに由来するのだそうだ。一度に生まれることもの数は5~10匹ほど。「ネズミ算」という言葉にも納得できるように、あっという間に数を増やしていくわけだな。

ID: ↑パーツ内本文:112文字

ブルースの実験用ケージでも、交尾が確認され、メスのマウスが妊娠しました。

ここまでは何の変哲もない作業なのですが…ブルースはその後、交尾した相手のオスのマウスを取り除き、別の系統のオスのマウスと一緒に飼育したのです。

ID: ↑パーツ内本文:116文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

生物学に慣れていないやつには「別の系統」というのが分かりにくいかもな。

ID: ↑パーツ内本文:35文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
yu_onozuka