国語言葉の意味

【慣用句】「胸に一物」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「胸に一物」を使いこなそう

この記事では「胸に一物」の意味・使い方・類語などを説明しました。「胸に一物」とは、誰かがなにか表には出していない、ネガティブな感情を心の内に隠しもっている時に使う言葉です。相手の口ぶりや態度になにか隠していそうな気配を感じ、騙されていそうで不安になる。

「胸に一物」とは、こうした相手への疑念が形になった言葉なんですね。また類義語には「腹に一物」、「下心」、「綿裏包針」などがありました。それぞれ少しづつニュアンスが違うため、細かい意味や使われる場面を確認しつつ、使い分けていきましょう。今回の記事が皆さんの参考になっていれば幸いです。

1 2 3 4
Share: