国語言葉の意味

【慣用句】「面目を施す」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学部卒Webライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「面目を施す」について解説する。

端的に言えば面目を施すの意味は「評判を高めること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

今回は日本文学部卒の現役WEBライター、ヒマワリを呼んだ。一緒に「面目を施す」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/ヒマワリ

今回の記事を担当するのは、日本文学科卒で現役ライターのヒマワリ。専攻は近代文学だが、古典からマンガまで幅広く読んでいる。受験生家庭教師の経験を生かして、「面目を施す」についてわかりやすく丁寧に説明していく。

「面目を施す」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

面目を施す」は「めんぼくをほどこす」と読む慣用句です。「面目」は、「面目ない」などと、使われるのを聞いた事があると思います。身近で使われる言葉ですが、「面目」とは一体どんな言葉なのでしょう。

それでは早速「面目を施す」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「面目を施す」の意味は?

まず初めに「面目を施す」の正確な意味を辞書からの引用で確かめてみましょう。「面目を施す」には、次のような意味があります。

1.評価を高める。体面・名誉を保つ。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「面目を施す」

2.評価を高めるようなことをする。

出典:新明解国語辞典(三省堂)「面目を施す」

「面目を施す」は、高く評価されることや、名誉を得られることをする、と言う意味です。また、元々高い評価などを得ていて、その名誉や評判を保つような素晴らしい事をする、と言う意味合いでも使われます。

一般的には「めんぼくをほどこす」と読みますが、「面目」は「めんもく」と読むこともできますので、「めんもくをほどこす」と読んでも間違いではありません。

「面目を施す」の語源は?

次に「面目を施す」の語源を確認しておきましょう。

「面目」は仏教用語の「本来の面目(ほんらいのめんもく)」と言う言葉に由来しています。「本来の面目」とは、すべての人がもともと持っている真の姿、自然のままの心性や有り様、と言う意味です。この意味が転じて、世間から見た姿、世間からの評価、と言う意味で一般的に使われるようになったと考えられています。

また、「面目を施す」の「施す」は、物事をなしとげて高い評価を保つと言う意味です。つまり、世間からの評価を高く保つことをする、と言うことですね。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: