国語言葉の意味

【故事成句】「悪銭身につかず」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者が解説!

「悪銭身につかず」の使い方・例文

「悪銭身につかず」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、例えば以下のように用いられます。

ID: ↑パーツ内本文:51文字

1.競馬で大穴が当たって予想外の大金を手にしたけど、みんなに奢ってやったらあっという間になくなった。悪銭身につかずってのは本当だね。
2.悪銭身につかずというから、地道に汗水垂らして働いて得たお金が一番だよ。
3.悪銭身につかずというけど、お母さんのお手伝いをしてもらったお小遣いはあぶく銭じゃないから簡単には使えないよ。

ID: ↑パーツ内本文:159文字

「悪銭身につかず」「悪銭」は、必ずしも不正な方法で手に入れたお金だけとは限りません。公営ギャンブルなどで思いもかけず大きな金額を手に入れた場合は、気持ちも大きくなって無駄遣いをしてしまいがちです。「悪銭身につかず」はそのような意味合いも持った言葉で、こつこつと働いて稼いだお金が結局は一番ありがたみが感じられて大切に使われるものだとの教訓も含んでいるのでしょう。

そうして得たお金で祖父や祖母にお小遣いとして渡したら喜んでもらえます。また、寄付などをして誰かの役にたてることも多くの人を助けることになり、有意義なお金の使い道と言えるでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:273文字
no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

俺は競馬も競輪もやらないが、一度だけ競馬場へ行ったことがある。馬が走るときってドドドドッて地響きがしてすごい迫力だよな。あの迫力は実際その場にいなけりゃわからない。みんなが競馬に夢中になる気持ちもわかるような気がするよ。

ID: ↑パーツ内本文:110文字

「悪銭身につかず」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ここでは「悪銭身につかず」の類義語を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:27文字

その1「あぶく銭は身につかぬ」

「あぶく銭」とは苦労しないで手に入れた金銭、働かないで儲けたお金のことです。「あぶく銭」を漢字で書くと「泡銭」となります。つまり泡のように消えてなくなってしまうお金のことです。もしあなたが「あぶく銭」を手にしたときは、寄付をするなど人のために使うようにしたらいかがでしょう。

ID: ↑パーツ内本文:137文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kohki