国語言葉の意味

【慣用句】「唇を噛む」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの言葉を扱ってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「唇を噛む」について解説する。

端的に言えば唇を噛むの意味は「悔しがる」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つベテランのKAIKAIをご紹介しよう。一緒に「唇を噛む」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉や慣用句やことわざの意味には自信あり。

「唇を噛む」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「唇を噛む」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「唇を噛む」の意味は?

「唇を噛む」には、次のような意味があります。

怒りやくやしさをこらえる。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「唇を噛む」

「唇を噛む」(くちびるをかむ)とは文字どおり、唇を噛む自虐的な動作の意味もありますが、「憤りや悔しさを耐えしのぶ時にあらわれる動作」「悔しがる表情」の意味もあります。あなたもこれまでも何かの経験を通して唇を噛んだ思い出はありませんでしょうか。

「唇を噛む」の語源は?

次に「唇を噛む」の語源を確認しておきましょう。

人は悔しさをこらえる場合、無意識に下唇を上唇で噛む仕草をとります。そのような仕草が語源となり、くやしさをこらえる意味で使われるようになりました。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: