国語言葉の意味

【慣用句】「虚勢を張る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「強がる」

「強がる」とは「強いふりをすること」

「ふりをする」ということは「実際には強くはない」ということです。「周りの人に心配をかけたくない」「同情されたくない」「弱い人間だと思われたくない」…「強がる」という言葉も自分の内面を隠す意味合いで用いられる言葉ですね。

「虚勢を張る」の対義語は?

続いて対義語です。

「素(す)」

「素手で魚を捕まえる」「素手でボールをキャッチする」といいますね。「素手」(すで)とは「手袋等を着けていない、そのままの手」という意味です

「素」とは「そのままの」「ありのままの」という意味。自分の本当の姿を隠している「虚勢を張る」の対義語ですね。

「虚勢を張る」の英訳は?

image by iStockphoto

「虚勢を張る」を英語で表現すると、どうなるのでしょうか。

英文1.  The politician made a false show of power, saying, “I can influence national politics.”

その政治家は「私は国政に影響を与えることができる」と言って、虚勢を張った

英文2.  She put up a bluff to the debt collector who came to her house.

彼女は家に来た借金取りに、虚勢を張った

英文1を直訳すると「その政治家は『私は国政に影響を与えることができる』と言って、権力を偽って示した」。「make a false show of power」「権力を偽って示す」という意味です。「権力がないのに偽って示す」ということは「虚勢を張る」ということですね。

英文2「虚勢を張る」と訳した「put up a bluff」の直訳は「はったりをかける」。「はったりをかける」ということは「相手に対して強い態度をとる」ことなので「虚勢を張る」と訳すことができますね。

\次のページで「「虚勢を張る」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: