国語言葉の意味

【慣用句】「虚勢を張る」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「虚勢を張る」について解説する。

端的に言えば虚勢を張るは「威勢の良いふりをする」という意味ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した柊 雅子を呼んです。一緒に「虚勢を張る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/柊 雅子

イベントの司会や雑誌の記事作成を仕事としてきたライター、柊 雅子。「虚勢を張っている人を見ると『無理しなくていいよ』と言いたくなる」という彼女が「虚勢を張る」について解説する。

「虚勢を張る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「虚勢を張る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「虚勢を張る」の意味は?

「虚勢を張る」には、次のような意味があります。

1.自分の弱い所を隠して、外見だけは威勢のあるふりをする。からいばりをする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「虚勢を張る」

自分の弱いところを好んで見せびらかす人はいないでしょう。私たちはすごく辛いことや悲しいこと、不安なことがあったとしても、何事もないように平気な顔をして仕事をしたり、人と話したりしますよね。程度に差はあっても、人は虚勢を張って生きていますしかし、あまりに虚勢を張る人は周りの人を不快にしてしまったり、自分自身を疲れさせてしまったりしますね。

では、人はどうして虚勢を張るのでしょう。2つのタイプを挙げてみました。

「心配をかけたくないタイプ」:落ち込んでいる人がいれば、その周りの人は「どうしたのか」と心配し、なんとか元気付けようとしますね。周りの人に心配をかけたり、周りの人が気を遣わないようにという思いから虚勢を張るのです。

「プライドが高いタイプ」:「他の人より弱いところや劣っているところがある」…これは誰にでもあることですよね。「全てに於いて他の人より優れている」というようなスーパーマンはこの世にいません。しかし、プライドが高い人はそんな他者より劣っている自分が許せないのです。なので虚勢を張って「より素晴らしい自分の姿」を作るのですね。

\次のページで「「虚勢を張る」の語源は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: