国語言葉の意味

勝る?劣る?どっちなの!?「勝るとも劣らない」の意味や類義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説

1.A市長選についての産経新聞による事前世論調査によると、新人の田中氏が現職の佐藤氏と比較して、勝るとも劣らない支持を集めているようだ。奇妙な現象だ。
2.都内のラッシュ時の電車の混み具合だが、京浜東北線の込み具合は山手線に勝るとも劣らない
3.昔の情報ではA高校の偏差値はB高校と比べると圧倒的に低かったが、今ではB高校に勝るとも劣らない

例文1では、市長選の世論調査について「田中氏の支持率が佐藤氏と同等か、ややそれ以上である」ことを「勝るとも劣らない」を用いて示しています。「勝るとも劣らない」は「同等以上」という意味ですが、大差がある場合には用いられないので注意が必要です。例文1の場合、例えば佐藤氏の支持率が30%だとしたら、田中氏の支持率は30%~35%前後といったところでしょう。

例文2では、「京浜東北線の混み具合は、山手線と同じか、山手線よりもう少し混んでいる」ことを「勝るとも劣らない」を用いて示しています。京浜東北線も山手線も東京都心を走る重要な電車。いつも同じくらい混んでいますよね…。

例文3では、「A高校の偏差値はB高校と同等か、ややそれ以上である」ことを「勝るとも劣らない」を用いて表しています。この場合、例えばB高校の偏差値が60だとすると、A高校の偏差値は60~65あたりですね。

「勝るとも劣らない」の類義語は?

image by iStockphoto

続いて、「勝るとも劣らない」の類義語を確認していきましょう。「勝るとも劣らない」の類義語は「引けを取らない」「匹敵」「互角」です。「勝るとも劣らない」と比較してみてください。

\次のページで「「引けを取らない」:負けていない、劣っていない」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: