国語言葉の意味

勝る?劣る?どっちなの!?「勝るとも劣らない」の意味や類義語などを院卒日本語教師がわかりやすく解説

最近大手予備校を利用して模試が行われたんですがな、今まで一番出来が悪かった奴の結果が今回はとても良くなっていた。これまでウチの特進クラスで1番優秀な成績だった奴の結果と比べても”勝るとも劣らない”。

ん?それって勝ってるの?劣ってるの?え?って顔をしているな…。「勝るとも劣らない」は「同等以上」という意味です。変な混同をするんじゃないぞ。つまり…

よし。今回の記事では、この「勝るとも劣らない」について、院卒日本語教師の”むかいひろき”に解説してもらうとしよう。覚えておくと役に立つ表現です。

ライター/むかいひろき

ロシアの大学で2年間働き、日本で大学院修士課程修了の日本語教師。その経験を武器に「言葉」について分かりやすく解説していく。

「勝るとも劣らない」の意味や使い方は?

image by iStockphoto

「勝るとも劣らない」という言葉、勝っているのか劣っているのかよく分からない…という人もいるのではないでしょうか。ここではまず、「勝るとも劣らない」の意味や使い方を整理していきましょう。

「勝るとも劣らない」の意味は「同等以上」

最初に、辞書における「勝るとも劣らない」の意味を確認していきましょう。国語辞典には「勝るとも劣らない」は次のような意味が掲載されています。

程度がまさってはいても劣っていることはない。同等以上である。

出典:明鏡 ことわざ成句使い方辞典(大修館書店)「まさるともおとらない【勝るとも劣らない】」

「勝るとも劣らない」は「同等以上である」という意味の慣用句です。あるものと何かを比較する際に、あるものが何かより勝っているか、もしくはあるものが何かと同等であることを表します。もう少し簡単な言い方をすると「勝っている。もしくは同等」と説明できるでしょう。

「勝るとも劣らない」の使い方を例文とともに確認!

次に、「勝るとも劣らない」の使い方を例文を確認していきましょう。「勝るとも劣らない」は、二者以上の実力や価値などを比較する際に使用される表現です。

\次のページで「「勝るとも劣らない」の類義語は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: