国語言葉の意味

【ことわざ】「一花咲かせる」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

「一花咲かせる」の対義語は?

「一花咲かせる」の対義語にはどのような表現が考えられるのでしょうか。関連する言葉を一緒に確認しましょう。

「三年飛ばず鳴かず」

「一花咲かせる」は「短い期間だけ栄える」というを示していましたね。この意味での対義語として「三年飛ばず鳴かず」をご紹介します。「三年飛ばず鳴かず」とは「長い間何も結果を出さずに過ごすこと・実力を発揮するまでにじっと待っているさま」の意。読み方は「さんねんとばずなかず」です。「三年鳴かず飛ばず」や「鳴かず飛ばず」とも表記しますよ。

「三年飛ばず鳴かず」は中国の書物の「史記」や「呂氏春秋」から由来するとされています。昔、楚の国王だった荘王は政治に無関心でした。この荘王の様子を部下が「3年間も鳴くことも飛ぶこともしない鳥」と例えて王に苦言を呈したとされています。

これを聞いた荘王は「鳥が3年間も何もしないのは意思を固める準備をしているからだ。鳥は飛べば天へ昇り、鳴けば民衆を動かす。」と反論しました。このセリフから派生して「三年飛ばず鳴かず」=「長い間何もしないさま・実力を発揮するまで待っているさま」を示すようになったとされていますよ。言葉の意味と由来をセットにして覚えておきたいですね。

「一花咲かせる」の英訳は?

image by iStockphoto

「一花咲かせる」は英語でどのように表現するのでしょうか。キーワードとなる英単語を一緒にチェックしましょう。

「make a name in the world」

「一花咲かせる」は英語で「make a name in the world」と翻訳できるでしょう。「make」は「作る・得る」の意。ここでの「name」は「名声」を示してます。直訳すると「世界で名声を得る」という意味になり、「一花咲かせる」の英語訳と考えられるでしょう。使い方を例文で確認します。

例文1は「make a name in the world」の後ろに「to+不定詞」を用いて「彼女は最後の試合で勝つことで一花咲かせた」を表していますよ。例文2は「make a name in the world」と一緒に「by+動詞のing形」を使い「彼は金賞を受賞することで一花咲かせた」という意味を示していますよ。「make a name in the world」はイディオムとしても有名です。これを機会に覚えておきたいですね。

1.She made her name in the world to win the last game. 
(彼女は最後の試合で勝利することで一花咲かせた。)

2.He is a novelist. He made his name in the world by winning the first prize.
 (彼は小説家だ。彼は金賞を受賞し一花咲かせた。)

\次のページで「「一花咲かせる」を使いこなそう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: