国語言葉の意味

【ことわざ】「一花咲かせる」の意味や使い方は?例文や類語を現役塾講師がわかりやすく解説!

この記事では「一花咲かせる」について解説する。

端的に言えば「一花咲かせる」の意味は「一時期に栄光を手にする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

語学好き・英語好き・読書好きなライターくふを呼んです。一緒に「一花咲かせる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/くふ

語学好き・英語好き・読書好きなライター。学習塾での経験を活かし分かりやすく丁寧な解説をお届けする。

「一花咲かせる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「一花咲かせる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「一花咲かせる」の意味は?

「一花咲かせる」には、次のような意味があります。辞書や辞典で正確な内容を確認しましょう。

1.成功して、一時華やかに栄える。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「一花咲かせる」

春は桜。夏はひまわり。秋はコスモス。冬は椿。日本では四季折々の美しい花を楽しむことができますね。今回はそんな「花」が使われていることわざをご紹介します。「一花咲かせる」とは「一時的に成功して華やかに栄えること」の意。読み方は「ひとはなさかせる」です。「ある一定期間だけ成功をおさめて栄光をつかむ様子」を表す場面で用いられることわざ。短い期間の活躍や成功を示すことがポイントです。長い期間の成功や活躍し続けている場面では使うことはほとんどない言葉。使い方に注意しましょう。

「一花咲かせる」の語源は?

次に「一花咲かせる」の語源を確認しておきましょう。「一花咲かせる」の「一花」は「 一時的に華やかに活動する様子・ひとときの栄光」の意。色とりどりに咲く花はいつまでも見ていたいほど美しいものですね。しかし、どんな花も美しく咲いている時間はほんのわずか。このように「花は咲いてもすぐに散ってしまうという花の特徴」「一輪の花を咲かせるように活躍すること」から派生して「一花咲かせる」=「一時期だけの栄華」という意味を表現するようになったとされていますよ。花の持つ美しさや儚さも感じられることわざですね。

\次のページで「「一花咲かせる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: