国語言葉の意味

「首尾は上々」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「首尾は上々」について解説する。

端的に言えば首尾は上々の意味は「ものごとのなりゆきが順調だ」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

さまざまな分野の本に触れ、知識を培ってきた「つゆと」を呼んだ。一緒に「首尾は上々」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/つゆと

子供の頃からの筋金入り読書好きライター。むずかしい言葉や複雑な描写に出会っても、ねばり強く読みこんで理解することをポリシーとする。言葉の意味も、妥協なくていねいに解説していく。

「首尾は上々」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「首尾は上々」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「首尾は上々」の意味は?

「首尾は上々」の意味を知るために、「首尾」と「上々」それぞれの意味を調べましょう。「首尾」「上々」には、次のような意味があります。

《首と尾、頭と尾の意から》
1.始めと終わり。始めから終わりまで。終始。
2.物事の成り行きや結果。
3.物事がうまくまとまるように処理すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「首尾」

この上なくよいこと。非常によいこと。また、そのさま。上乗。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「上々」

「首尾は上々」は、ものごとのなりゆきが順調だという意味です。「入学試験の1日目が過ぎたが、首尾は上々といえるだろう」のように使います。

同じ意味で「上々の首尾」「上首尾(じょうしゅび)」とも使いますよ。「上々の首尾にいたった今回の商談だが、成功例のデータをより多く示すことで、さらに有利に進められるのではないか」「作戦は、すべて上首尾に遂行されている」などと使います。うまくいっているというニュアンスが伝わりますね。

\次のページで「「首尾は上々」の語源は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: