国語言葉の意味

【慣用句】「操を立てる」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「操を立てる」について解説する。

端的に言えば操を立てるの意味は「貞節」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「操を立てる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「操を立てる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「操を立てる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「操を立てる」の意味は?

「操を立てる」には、次のような意味があります。

1.志を変えない。節操を守る。
2.女性が貞操を守り通す。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「操を立てる」

「操を立てる」には「志を変えない」とか「節操を守る」という意味がありますが、多くの男性は、女性が貞操を守ることとしか理解していないのではないでしょうか。もちろんそういう意味もありますが、正しいと信ずる主義や意見を堅く守って変えないという強い意志を表す意味合いもあります。部下が上司に忠義を尽くすようなことも「操を立てる」と言うのです。

「操を立てる」の語源は?

次に「操を立てる」の語源を確認しておきましょう。「操」「あやつる」とも読みます。「操」には「うまく操る」のほか「穢(けが)れのない状態のままにしておく」「意志を簡単には変えない」という意味も含んでいるのです。「操船」は船をうまく操ることですし、「操作」は機械などを上手に操って本来の能力を発揮させることを意味しています。

これに対して「身持ちが堅い」「貞淑」という意味もあるのです。普通「操を立てる」と言えば、こちらを指すことのほうが多いのではないでしょうか。

\次のページで「「操を立てる」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: