国語言葉の意味

【慣用句】「汗顔の至り」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

この記事では「汗顔の至り」について解説する。

端的に言えば汗顔の至りの意味は「恥ずかしい限り」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んです。一緒に「汗顔の至り」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「汗顔の至り」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「汗顔の至り」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「汗顔の至り」の意味は?

「汗顔の至り」には、次のような意味があります。

すっかり恥じ入ること。「まったくわたしの初歩的なミスで、まことに汗顔の至りです」

出典:imidas(集英社)「汗顔の至り」

「汗顔の至り」「汗顔」「かんがん」と読みます。文字どおり顔に汗をかくことです。顔に汗をかくのはどのような状態のときでしょうか。炎天下でビジネスパーソンが営業に回ったり、スポーツをしたりすれば汗をかきます。

そのほかなにか失敗をして周りの人に迷惑をかけたときにも、自らの失態を恥じて顔に汗することもあるでしょう。「汗顔の至り」は、気温が高い時に顔に汗をかくことではなく、自分が過ちを犯して恥じ入る様子を表す表現です。

「汗顔の至り」の語源は?

次に「汗顔の至り」の語源を確認しておきましょう。先に説明したように「汗顔」恥ずかしくて顔に汗をかくことです。さらに「至り」は到達という意味がありますから、これ以上ない最高の状態を表します。つまり「顔に汗をかくほどに、この上なく恥ずかしい」という意味です。

\次のページで「「汗顔の至り」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: