国語言葉の意味

【慣用句】「何食わぬ顔」の意味や使い方は?例文や類語を読書家Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「何食わぬ顔」について解説する。

端的に言えば何食わぬ顔の意味は「とぼけ顔」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

多くの学術書を読み、豊富な知識をもつハヤカワを呼んです。一緒に「何食わぬ顔」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハヤカワ

学術書を中心に毎年100冊以上の本を読む、無類の本好き。人にさまざまな影響を与える言語、それ自体に強い興味をもち、言葉の細やかな表現にも並々ならないこだわりをもっている。

「何食わぬ顔」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「何食わぬ顔」の意味や語源・使い方をご紹介していきます。「何食わぬ顔」は慣用句の一種という点も抑えておきましょう。

「何食わぬ顔」の意味は?

「何食わぬ顔」というキーワードをネット上の辞典・辞書「コトバンク」で検索してみると、次のような記載があります。

1.何も知らない、自分には関係ないという顔つき、またはそのように振る舞うようす。そしらぬ顔。「人を裏切りながら何食わぬ顔でつき合う」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「何食わぬ顔」

「何食わぬ顔」は例文のように、自分に負い目があるようなことに対して、知らないフリをすることです。誰かを裏切る、嘘をつく、遅刻など、なにか失態を演じたあと反省する素振りを見せずに、平然を装った顔つきを浮かべている時に使われることが多いですね。

本来であれば反省したり謝罪する必要があることを、一切気にせず素知らぬ様子を見せる。「何食わぬ顔」は、こうした態度をとる人に対して使われています。

「何食わぬ顔」の語源は?

次に「何食わぬ顔」の語源をチェックしていきましょう。もともと「何食わぬ顔」は、本当は食べているにも関わらず、まるで口に何も含んでいないような顔つきを浮かべることを指していました。

そこから意味が広がり、本当は自分に非のあることを、まるで他人事のように振る舞う様子を指すようになります。相手の責任追求から逃げるために、あくまで平静な表情をとり自分の立場を崩さない。現在「何食わぬ顔」は、こうした場面でよく使われている言葉となっています。

\次のページで「「何食わぬ顔」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: