国語言葉の意味

「赤銅」の意味や使い方は?例文や類語を元新聞記者がわかりやすく解説!

この記事では「赤銅」について解説する。

端的に言えば、赤銅の意味は「銅に、金と少量の銀を加えた合金」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元新聞記者で、ライター歴20年のトラコを呼んです。一緒に「赤銅」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/トラコ

全国紙の記者を7年。その後、雑誌や書籍、Webでフリーの記者などとして活動中。文字の正確さ、使い方に対するこだわりは強い。

「赤銅」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速、「赤銅」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「赤銅」の意味は?

「赤銅」には、次のような意味があります。

銅に金3~4パーセント、銀約1パーセントを加えた銅合金。硫酸銅・酢酸銅などの水溶液中で煮沸すると、紫がかった黒色の美しい色彩を示すので、日本では古くから紫金 (むらさきがね) ・烏金 (うきん) などとよばれ重用された。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「しゃく-どう【赤銅】」

「赤銅」は、まず読み方に注意しましょう。「しゃくどう」です。「あかどう」ではありません。

この「赤銅」とは、金を3パーセントから6パーセントほど含む銅の合金のことです。これにさらに銀を1パーセント程度を加えた場合も「赤銅」と呼ぶこともあります。

日本では古来より、工芸品や銅像、装飾品などに用いられ、特に、硫酸銅などで処理すると「青黒い色彩」を出すのが特徴。「紫金」「烏金」も、この「赤銅」です。「赤銅色」のことを略して「赤銅」と呼ぶ場合もあります。

「赤銅」の語源は?

次に、「赤銅」の語源を、確認しておきましょう。

その用語にある通り、「赤銅」は「赤」と「銅」が言葉の由来。銅に、わずかな量の金と銀を加えると、やや黒みを帯びた紫色となり、これを「赤銅色」と言いました。

銅はもともと、赤橙色をした金属。これが、空気中にさらされたり、経年変化によって赤みを帯びた色となります。色はどういろと読まず、あかがねいろと読むのも、しっかりと覚えておきましょう。

\次のページで「「赤銅」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: