英訳英語

【英語】「キャッチコピー」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

「キャッチコピー」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「catch copy」は一見英語のように見えますが、実はこのような言葉はネイティブは使いません。では、「キャッチコピー」は英語ではどのように言うのでしょうか。

「キャッチコピー」の英語表現

「キャッチコピー」は「slogan」を使うといいでしょう

日本語の「スローガン」は、「標語」や「団体などの主義・主張」という意味合いが強いですね。しかし英語の「slogan」には「宣伝文句」「うたい文句」などの意味もあり、日本語の「キャッチコピー」のイメージに近いと言えます。

宣伝のためのキャッチコピーだということを明確にするために、「advertising slogan」と言ってもかまいません。

1.The slogan for this product will be announced soon.
この製品のキャッチコピーは間もなく発表されます。

2.I planned a package tour under the slogan “omotenashi”.
「おもてなし」をキャッチコピーにしたパックツアーを企画しました。

3.The advertising slogan should be short and memorable.
キャッチコピーは、短くて記憶に残るものであるべきだ。

「slogan」と似たような英語表現・フレーズは?

最後に英語で使われる同じような意味を持つ表現を見ていきましょう。

次は「slogan」とほぼ同じような意味で使われている「tagline」について説明します。

似た表現「tagline」

「tagline」も「キャッチコピー」の意味で使われる単語です

「tagline」は「slogan」とほぼ同じ意味で使われていて言い換えもできます。ただし、「tagline」の方は映画や小説などの「キャッチコピー」として使われますが、「slogan」の方はあまり使われません。

また「tagline」は、企業のイメージを宣伝するためのフレーズを意味することもあります。商品のキャンペーンなどに使われる「slogan」より長い期間使われることが多いと言えそうです。

\次のページで「「キャッチコピー」を英語で言ってみよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: