英訳英語

【英語】「キャッチコピー」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「キャッチコピー」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「slogan」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

個別指導塾の元講師で、受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んです。一緒に「キャッチコピー」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

「キャッチコピー」の意味と使い方は?

「キャッチコピー」は「キャッチ(catch)」と「コピー(copy)」という二つの言葉からできています。「catch」も「copy」も簡単な単語ですが、合わせるとどのような意味になるのでしょうか。

それでは、「キャッチコピー」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「キャッチコピー」の意味

「キャッチコピー」には、次のような意味があります。

人の注意をひく広告文、宣伝文。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「キャッチコピー」

「キャッチコピー」の使い方・例文

「キャッチコピー」は、短いフレーズや文章で人の注意を引く広告文のこと。英語で「catch copy」と書きますが、実は日本でのみ通用する和製英語です。次に「キャッチコピー」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.新商品のターゲットは女性だということを考慮して、キャッチコピーを考えてほしい。
2.このコピーライターは、80年代に数々の印象的なキャッチコピーを作ったことで有名になった。
3.企業のイメージがアップするようなキャッチコピーであることが重要だ。

\次のページで「「キャッチコピー」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: