国語言葉の意味

【故事成語】「習慣は第二の天性なり」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者がわかりやすく解説!

「習慣は第二の天性なり」の使い方・例文

「習慣は第二の天性なり」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、例えば以下のように用いられます。

1.僕らはわからない単語が出てきたら英和辞典を利用していつもチェックする癖をつけている。習慣は第二の天性なりとも言うしね。
2.習慣は第二の天性なりと言うように、親の背中を見て育った子供は自然と親に似た行動をするようになる。この真似も習慣の一つだろう。
3.早起きして一生懸命勉強したら希望する有名大学に合格できた。習慣は第二の天性なりと言って、朝の静かな環境を活用するように学習方法を変更したからだろう。

喫茶店でコーヒーを飲んだり、健康に悪いと言われてもタバコをやめられないのも習慣の一つです。特にタバコは値上げされて金銭的な負担が多くなっても、なかなか禁煙に踏み切ることはできません。この頃はお店での喫煙が禁止されたこともあり、愛煙家は喫茶店などのお店に行く回数も減っているのではないでしょうか。

最近はタバコをたしなむ人には厳しい環境と言わざるを得ません。歩きタバコは罰金や科料の対象になりますから、一層タバコを吸える機会が少なくなっています。「習慣は第二の天性なり」と言うように、こうしたコーヒーやタバコもなかなかやめられるものではありません。コーヒーやタバコなどの嗜好品は、大袈裟に言えば人生の一種の息抜きとも言えます。あまり目くじらをたてることなく、またエチケットを守ってたしなみたいものです。

「習慣は第二の天性なり」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ここでは「習慣は第二の天性なり」の類義語を見ていきましょう。

その1「習慣は自然の如し」

「習慣は自然の如し」とは、春秋時代の中国の思想家・孔子の言行や、弟子との問答を集めた書『孔子家語(こうしけご)』に収録された言葉です。「習慣は知らず知らずのうちに身につき、まるで生まれつき持っている天性のようなものになる」ということを表しています。この言葉は「習慣は第二の天性なり」とよく似た言葉と言えるでしょう。

\次のページで「その2「習慣は常となる」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: