地学大気・海洋理科

3分で簡単日本における天気の特徴!ほかの国との違いとは?理系学生ライターが徹底わかりやすく解説!

冬の天気

image by iStockphoto

最後に冬の天気について述べますね。冬になると、ロシア付近で発生するシベリア気団が発達します。シベリア気団は寒気を含んでおり、それが北西の季節風として日本に移動してくるのです

この季節風は日本海を通過する際に海から水分を吸収しますこれが冬場に日本海側の地域で雪が多く降る理由です水分を多く含む季節風が山々に当たることで、雪を降らせる雲ができるのですね。一方、冬場の太平洋側の空気は乾燥しています

また、冬型の気圧配置には西高東低という特徴がありますよ。西高東低とは、西側に高気圧が存在し、東側に低気圧が存在する状態のことをさします。このとき、等圧線は南北を貫くような形になりますよ。この気圧配置になることは季節風の向きからも納得することができますよね

日本における天気の特徴を学ぶ意義

この記事では、日本の気候区分と地理的な特徴を学びました。そして、その後に季節ごとの天気について解説しましたよね。日本で暮らしていると、身近すぎるがゆえに、このようなことに興味をもつ機会はあまりありません。

ですが、日本で見られる気象現象には、珍しいものも含まれています。このような理由から、日本の天気には一体どのような特徴があるのかということを一度勉強しておいて損はないと言えますよ。ぜひこの機会に、日本における天気の特徴について学んでみてくださいね。

1 2 3 4
Share: