地学宇宙理科

3分で簡単にわかる低気圧と天気の関係!低気圧の種類も現役理系学生ライターがわかりやすく解説!

今回は「低気圧」について解説していきます。

低気圧という言葉はテレビやラジオの天気予報を聞いていると頻繁に耳にすることがあるでしょう。低気圧は雨雲が発生する原因にもなるもので、台風も低気圧の一種であることがわかっているぞ。この記事を読むと、低気圧についての基礎的な知識を身に着けることはもちろん、より発展的な内容までも学ぶことができるはずです。ぜひ、この機会に低気圧の特徴について理解を深めてくれ。

環境工学を専攻している現役理系学生ライター通りすがりのペンギン船長と一緒に解説していきます。

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。エネルギー工学、環境工学を専攻している。これらの学問への興味は人一倍強い。土壌、生態系、気象、地球温暖化について学んだこともある。

低気圧について知ろう

Streamlineanalysispacific.gif
By NOAA – NOAA, Public Domain, Link

テレビのニュース番組などで天気予報を見ていると、「低気圧」という単語を頻繁に目にしますよね。このようなことから、低気圧の概念は天気について考える際に非常に重要なものであるとわかります。

ですが、低気圧という単語を聞いたことがある方であっても、その意味まではよく分からないといケースは少なくはないでしょう。この記事は、そのような方でも、すぐに低気圧の概念が理解できるようなものになっています。基礎的な内容から説明をはじめ、最終的には低気圧の特徴や種類を解説しますよ

気圧とは?

低気圧について解説する前に、そもそも気圧とは何を表す気象用語であるかということを知っておきましょう。気圧は空気が他の物体などに与える力の大きさを単位面積当たりで表したものです

このような説明だけでは、理解しづらいことがあるかもしれませんので、具体例を挙げて説明します。ゴム風船を例としますねゴム風船に空気をたくさん注入すると、風船は大きく膨らみますこれは、風船内部の空気が外側に広がろうとしているために生じる現象ですよ。言い換えれば、風船内部の気圧が高い状態です

このような考え方は大気にも適用させることができ、それが天気予報で目にする気圧になります。気象庁が気圧などの観測を行っており、そのデータは気象庁が発表する気象情報に含まれていますよ。

\次のページで「低気圧とは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: