物理理科

5分でわかる近日点!惑星や彗星の軌道との関係は?理系学生ライターがわかりやすく解説!

よぉ、桜木建二だ。今回は「近日点」について解説していくぞ。

近日点というのは、天文学の用語の一つだ。近日点の概念は、様々な天体の軌道がどのような特徴をもっているのかということを考える際に用いられるものだぞ。今回は、天体の軌道についての基礎知識の説明からはじめて、近日点への解説に移る。それゆえ、地学について深く勉強したことがない方でも、近日点について理解できるだろう。ぜひ、この機会に近日点についての理解を深めてくれ。

塾講師として物理を高校生に教えていた経験もある通りすがりのぺんぎん船長と一緒に解説していくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

pen_teppo

ライター/通りすがりのペンギン船長

現役理系大学生。環境工学、エネルギー工学を専攻しており、物理学も幅広く勉強している。塾講師として物理を高校生に教えていた経験から、物理の学習において、つまずきやすい点や勘違いしやすい点も熟知している。

近日点について学ぶ前に

image by iStockphoto

今回の記事は、近日点をメインテーマとして、お話を進めていきますね。近日点という単語に馴染みのある方は少ないかと思います。この用語は宇宙区間における天体の軌道に考察する際に重要になるものですよそれゆえ、近日点について学ぶためには、天体の軌道についての知識がある程度必要になります

そこで、この記事の前半部分では、天体の軌道についての知識を身に着けられるような解説を設けました。地学について深く学んだことがない方は、ぜひこの部分も読んでおいてくださいね。それでは、早速解説をはじめていきます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

近日点について学ぶ前に、天体の軌道について学ぶぞ。

恒星と惑星と衛星

宇宙空間には、到底数えきれないほどの天体が散らばっており、これらの天体は固有の運動を有しています。そして、これら運動の状態から天体を分類することができますよ。その分類の一つが恒星です。恒星は相対的な位置変化が非常に少ない星のことを指しますよ地球の近くにある恒星としては太陽が挙げられます。また、自ら光り輝いていることも恒星の特徴です。

そして、恒星の周りを公転しているのが惑星ですよ。太陽系惑星には、地球以外に水星・金星・火星・木星・土星・天王星・海王星などがありますよ。また、惑星に近い軌道をもつ冥王星などの準惑星も存在します。さらに、惑星の周りを公転している天体も存在するのですそれが衛星ですよ。例えば、月は地球の衛星です。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

天体の分類方法を覚えておけ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
pen_teppo