国語言葉の意味

「後ろ手」の意味や使い方は?例文や類語を元予備校校舎長がわかりやすく解説!

この記事では「後ろ手」について解説する。

端的に言えば後ろ手の意味は「後ろに手を回すこと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

元予備校校舎長で国語指導歴が長い、教育系ライターのみゆなを呼んです。一緒に「後ろ手」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/みゆな

元大手予備校校舎長、現在は教育系のライター。国語、特に現代文の指導経験が豊富。難解な言葉や表現を中高生がスラスラ理解できるように解説するのが大得意。

「後ろ手」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「後ろ手」の読み方は「うしろで」です。漢字の雰囲気から、手が後ろにあることだという意味は想像しやすいでしょう。しかし、とくにビジネスシーンでは「後ろ手」が暗に意味すること、相手に与える印象を知っておく必要があります。

今回は「後ろ手」について詳しく見ていきましょう。姿勢を表す以上の意味を知っておくと、日常生活でもきっと役に立ちますよ!それでは早速「後ろ手」の意味や語源・使い方を見ていきます。

「後ろ手」の意味は?

「後ろ手」には、次のような意味があります。

1.両手を背に回すこと。

2.《「で」は方向・状態などを示す》
(ア)後ろの方向。
(イ)後ろ姿。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「後ろ手」

「後ろ手」は両手を背後に回した姿勢のことを指します。「手が後ろにある状態」という意味ですね。

また助詞「で」や「手」には場所や方向を表す用法があります。よって「後ろ手」を「後ろの方向」とすることもありますが、こちらはあまり頻繁には使われません。「後ろ手」は基本的に手を背中の後ろに回した姿勢、と理解しましょう。

ちなみに「後ろ手」の「ろ」を抜いて「後手」と表記すると、「ごて」と読む別の言葉になります。使うときはよく確認してくださいね。

「後ろ手」は失礼にあたる?

「後ろ手」は人と接する際には控えた方が良い姿勢だということは、ご存知ですか?

実際に「後ろ手」をやってみるとわかりますが、後ろ手になると自然と胸が張りますよね。この姿勢が相手に「偉そう」「威張っている」という印象を与えるというので、とくにビジネスシーンでは「相手に大変失礼」だとされています。

オーナー社長や大企業の重役、地位の高い人にもなれば後ろ手をしていても咎める人はいないかもしれませんが、ビジネスではいつでも「謙虚さ」が大切ですよね。相手に不要なマイナスイメージを与える可能性がある「後ろ手」は避けた方が無難です。

もちろんビジネスシーンに限らず、どんな人間関係でもいえることですから注意しましょう。

\次のページで「「後ろ手」の由来を知ろう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: