国語言葉の意味

【慣用句】「気が触れる」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「気が触れる」について解説する。

端的に言えば気が触れるの意味は「気が狂う」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つベテランのKAIKAIを呼んだ。一緒に「気が触れる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉やことわざの意味には自信あり。

「気が触れる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「気が触れる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「気が触れる」の意味は?

ウエブサイトの国語辞典を検索すると「気が触れる」には、次のような意味があります。

1.正気でなくなる。気が狂う。
2.心が動く。


出典:デジタル大辞泉(小学館)「気が触れる」

「気が触れる」とは「きがふれる」と読みます。簡単に言えば「精神の状態がおかしくなる」ことです。よく日常会話でも使われる言葉ですが、漢字で書くとなると意外と書けない人が多いのではないでしょうか。「気触れる」と書いた場合は「かぶれる」という読み方で、「肌が炎症を起こす」あるいは「思想などの影響を受けてそのように染まる」ということです。全く違う意味になりますので注意しましょう。

「気が触れる」の語源は?

次に「気が触れる」の語源を確認しておきましょう。

古語に「狂れる」(ふれる)という言葉があり、「気が狂ったり訳のわからない状態になる」ことの意味があり、これが語源となりました。ちなみに「気触れる」(かぶれる)の場合は、「気触る」(けぶる)が転じたものだという説が有力ですが、「蚊触れ」が転じたものだとする説もあります。江戸時代まではこちらの説の方が有力でした。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: