国語言葉の意味

「手を合わせる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「手を合わせる」について解説する。

端的に言えば手を合わせるの意味は「感謝を表す、拝む、勝負をする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んです。一緒に「手を合わせる」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

「手を合わせる」の意味や使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手を合わせる」の意味や使い方を見ていきましょう。…などと文章を始めてください。(文章を増やす場合は200字程度まで)

「手を合わせる」の意味は?

「手を合わせる」には、次のような意味があります。ちなみに、この言葉の読みは「てをあわせる」です。

1.両方の手のひらを合わせる。感謝の気持ち、懇願の気持ちなどを表す。

2.拝む。合掌する。

3.相手として勝負する。手合わせをする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手を合わせる」

「手を合わせる」は大きく3つの意味があります。一つは「両方の手のひらを合わせる」という行為そのものを表して使われる場合です。この右手と左手を合わせる行為によって「感謝の気持ちを表す」ことが出来ます。

もう一つは、「拝む。合掌する」という意味です。日本やインドなど仏教の文化が根付いた国では神様や仏様などに両手を合わせてお参りをしたりします。厄年には厄落としのために厄払いに行ったり、葬儀に参列した際には故人の冥福を祈ったりするため、日本人にはなじみの深い所作です。お寺の宗派によって少し違いはありますが、この手を合わせて神仏に尊敬の念を表す行動に大きな違いはありません。

そして、「相手として勝負する」という意味も「手を合わせる」にはあります。自分と勝負をしてくれる相手に対して、日本人は試合前に一礼をしたりもしますが、相手と合意の上で勝負をするという意味をもつ表現です。

「手を合わせる」の使い方・例文

「手を合わせる」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「手を合わせる」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: