国語言葉の意味

【慣用句】「精彩を欠く」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

「精彩を欠く」の英訳は?

image by iStockphoto

類義語や対義語の次に、「精彩を欠く」の英訳について見ていきましょう。

「lifeless」

「精彩を欠く」を英語で表現する場合、「lifeless」が適しています。「She’s pretty lifeless.」とすると、「彼女は最近精彩を欠いている」と伝える事が出来るでしょう。

「精彩を欠く」を使いこなそう

この記事では「精彩を欠く」の意味・使い方・類語などを説明しました。「精彩を欠く」は「せいさいをかく」と読み、「ぱっとしないさま。冴えないさま。調子が振るわないさま」という意味があります。「調子が振るわない」「ぱっとしない」といった場合に、「精彩を欠く」と使いましょう。

類義語には、「キレがない」「動きが鈍い」の2つが挙げられます。「キレがない」は「精彩を欠く」と同様に、スポーツやビジネスシーンなどで使われる言葉です。「動きが鈍い」はニュアンスが少し違うため、「精彩を欠く」よりも幅広いシーンで使われます。対義語には、「精彩を放つ」という言葉があり、こちらは「生き生きとした様子」を表現する言葉です。

「精彩を欠く」は、頻繁に耳にする言葉ではないでしょう。しかし、意味をしっかり理解すると、日常生活やビジネスシーンなどにおいても、使える言葉だと分かります。特に、ビジネスシーンでは豊富な語彙力を身に着ける必要がありますので、調子が悪かったり、ぱっとしない様子を表現したい時に「精彩を欠く」と、使いこなせるようにしておきましょう。

1 2 3 4
Share: