国語言葉の意味

【ことわざ】「腹に一物」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「腹に一物」について解説する。

端的に言えば腹に一物の意味は「心に企みがあること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務したくさんの文章をKAIKAIを呼んだ。一緒に「腹に一物」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し、仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉の意味には自信あり。

「腹に一物」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「腹に一物」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「腹に一物」の意味は?

「腹に一物」は、辞書を検索すると次のような意味があります。

心の中にたくらみがあること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「腹に一物」

「腹に一物」「はらにいちもつ」と読みます。「心の中で何事かたくらみを持つ」場合に使われる言葉です。口にはださなくても心の中にはっきりしないが何らかのことを考えている様子を現したものになります。人や物事や状況といったものを自分の思い通りにしたいため、戦略的に口に出さないので一見何も考えてないように見えるのですね。

「腹に一物」の語源は?

次に「腹に一物」の語源を確認しておきましょう。

「腹に一物」の「腹」とは「本音」という意味です。「腹」にはもともとは魂が宿る所とされてきました。「一物」とは「その人のうちに考えていることをそのまま声に出して伝えることができない場合に用いられる別の表現方法」という意味があります。すなわち「たくらみ」を表わしているのです。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: