国語言葉の意味

【慣用句】「笠に着る」の意味や使い方は?例文や類語を国立大学国文科卒ライターがわかりやすく解説!

この記事では「笠に着る」について解説する。
端的に言えば笠に着るの意味は「偉そうにする」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。国立大学国文科卒業のあおやぎを呼んです。一緒に「笠に着る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/あおやぎ

幼い頃から本を数えきれないほど読んできた活字中毒。国立大学国文科に入学し、日本語について学ぶ。子育て経験を生かし、分かりやすく言葉の使い方について解説する。

「笠に着る」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 2228924

「笠に着る」という慣用句を耳にしたことはあるでしょうか。「あの人は権力を笠に着て…」なんて会話をしたことはありませんか?「かさ」と言っても雨傘や日傘のことではありません。ワラやいぐさで編んだかぶり物のことを指します。「かさじぞう」のお話で見たことがある方も多いかもしれません。

あまり良い意味の言葉ではなさそうですが、どういった使い方をすれば良いのでしょうか?また、「笠をかぶる」という状態がなぜ「偉そうにする」ことの表現になるのでしょうか?語源についても解説します。

「笠に着る」の意味は?

「笠に着る」を辞書で調べると、次のような意味が出てきます。

権勢のある後援者などを頼みにしたり、自分に保障されている地位を利用したりしていばる。また、自分の施した恩徳をいいことにして勝手なことをする。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

権勢のある者をたのんで威張る。また、自分の側の権威を利用して他人に圧力を加える。

出典:精選版 日本国語辞典

「笠に着る」には「地位があったり、力を持っている人や組織の力をひけらかして他人に横柄な態度を取る」という意味があります。良く使われるのは「権力を笠に着て」という言い回しでしょう。日常会話でも耳にすることがあるフレーズですね。「自分のものではない権力を盾にして威張り散らす」といった意味合いで使われていることが多いのではないでしょうか。

しかしそれだけでなく、「自分の施した恩徳」つまり「自分が相手にしてあげたこと」も威張る根拠になるようです。いずれにしろ、名実共に立派な人が威厳ある態度を取っている様子には使いません。「本当は威張るべきではない者が威張っている」ニュアンスのある批判的な表現といえるでしょう。

\次のページで「「笠に着る」の語源は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: