国語言葉の意味

「後れを取る」の意味や使い方は?例文や類語を元広報紙編集者が解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「後れを取る」について解説する。

端的に言えば後れを取るの意味は「先を越される」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

自治体広報紙の編集を8年経験した弘毅を呼んだ。一緒に「後れを取る」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

kohki

ライター/八嶋弘毅

自治体広報紙の編集に8年携わった。正確な語句や慣用句の使い方が求められるので、正しい日本語の使い方には人一倍敏感。

「後れを取る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「後れを取る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「後れを取る」の意味は?

「後れを取る」には、次のような意味があります。

他よりおくれる。他に先を越される。負ける。

出典:明鏡国語辞典第三版(大修館書店)「後れを取る」

「後れを取る」「遅れを取る」かどちらを使うべきか迷ったことはないでしょうか。辞書によっては「後れを取る」と「遅れを取る」の両方が掲載されている場合もあります。しかし「遅れを取る」はまず使うことはありません。結論から言えば「後れを取る」を使うほうが正しいのです。「後れ」は空間的、精神的な「おくれ」の場合に使い、「遅れ」は時間的な「おくれ」に使います。

「後れを取る」の語源は?

次に「後れを取る」の語源を確認しておきましょう。「遅れを取る」と書いても意味は通じます。しかし厳密には「後れ」と「遅れ」では明確に意味が違うことを覚えておいてください。先に説明したとおり「後れ」は空間的、精神的な意味で使いますから、自分だけ人より取り残される場合に使う言葉です。例えば「流行に後れる」とか「時代の潮流に後れる」のような使い方をします。自信がなくて気持ちがひるんだりする場合には「気後れする」と表記しますから、やはり精神的なものが多分に影響する場合に使うことが多い言葉と言えるでしょう。

そのほか自分だけ人に取り残されたときにもやはり「後れる」を使います。例えば知人が亡くなったりして、自分は生きている場合「逝き後れる」などと使うことができるでしょう。知人に先立たれて寂しい心情がよく表れています。

これに対して「遅れ」「遅刻」「遅参」など、時間におくれる場合に使う表記です。空間的、精神的な「おくれ」か時間的な「おくれ」かを意識すると正しい漢字を使うことができて間違うことはありません。

次のページを読む
1 2 3 4
Share:
kohki