国語言葉の意味

【慣用句】「骨の髄まで(ほねのずいまで)」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターがわかりやすく解説!

この記事では「骨の髄まで」について解説する。

端的に言えば骨の髄までの意味は「徹底的に」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国語力だけでこれまでの社会人生活を乗り切ってきたライター、ヤザワナオコに、「骨の髄まで」の意味や例文、類語などを説明してもらおう。

ライター/ヤザワナオコ

コールセンターの電話応対指導やマナー講師、テレビ番組の字幕製作経験もあるライター、ヤザワナオコ。

「骨の髄まで」と聞くと、ヤクザ映画などに出てくる「骨の髄までしゃぶりつくす」のようなセリフを連想するとのこと。骨の髄までとはどんなときに使う言葉なのか解説してもらう。

「骨の髄まで」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「骨の髄まで」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「骨の髄まで」の意味は?

「骨の髄まで」には、次のような意味があります。

からだの最も中心のところまで。徹底して。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

少女漫画やボカロ曲のタイトルにも使われている「骨の髄まで」という言葉は、「とことん、根源まで」といった意味を持っています。体の奥に骨があり、その中でもさらに奥にある髄(ずい)ですから、「奥底、芯から」の意味がとても強調されていますね。

ポジティブ、ネガティブどちらのニュアンスでも使えますが、「とにかく徹底して、何もかも根こそぎ」という場合に限定すると効果的ですよ。

「骨の髄まで」の語源は?

次に「骨の髄まで」の語源を確認しておきましょう。

皆さんご存知の「骨」の中心には、黄色く柔らかい造血組織があり、これを「髄」といいます。白血病の治療のために行われる「骨髄移植」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。転じて、「髄」は物事の中心や要所を意味することもありますよ。

人間の生命を維持するために欠かせない「髄」は人体の要所であり、いかにも体の奥深くに存在しそうなイメージです。それほど奥まで、と想像すると、「骨の髄まで」のニュアンスをつかみやすいことでしょう。

\次のページで「「骨の髄まで」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: