国語言葉の意味

【慣用句】「質に入れる」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「質に入れる」について解説する。

端的に言えば質に入れるの意味は「お金を借りるために物品を保証として預けること」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

情報誌系のライターを10年経験した柊 雅子を呼んだ。一緒に「質に入れる」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/柊 雅子

イベントの司会や雑誌の記事作成を仕事としてきたライター、柊 雅子。「どう考えてみても、質入れできるものは一つもない」という彼女が「質に入れる」について解説する。

ID: ↑パーツ内本文:80文字

「質に入れる」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「質に入れる」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:33文字

「質に入れる」の意味は?

「質に入れる」という言葉はデジタル大辞泉に記載されていません。

そこで「質入れ」「質屋」という言葉から、「質に入れる」の意味をみていくことにします。

ID: ↑パーツ内本文:75文字

質入れ

1.借金の際、その担保として物品を質屋などに預けること。

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)「質入れ」

ID: ↑パーツ内本文:63文字

質屋

1.物品を質にとって金銭の貸し付けを行う業者。また、その店。江戸時代から庶民の金融機関として普及した。質店(しちみせ)。

 

出典:デジタル大辞泉(小学館)「質屋」

ID: ↑パーツ内本文:93文字

「質入れ」と「質屋」、この二つの意味から「質に入れる」とは「物品をその保証として金銭の貸付を行う質屋に預け、その店から借金をすること」という意味であることがわかりますね。

今日、お金が必要になった際に利用するのは個人ローンやリサイクルショップ。しかし、このような方法がなかった頃、庶民がお金を工面するために利用したのが質屋です。

例えば急にお金が必要になった時、カメラを質屋に持って行き預けると、その価値に見合ったお金を貸してもらうことができます。返済日までに借りたお金と利息をその質屋に返せば、預けたカメラは戻ってくるという仕組み。

返済日までに借りたお金を返すことができなかった場合、カメラは戻ってきませんが、借りたお金とその利息を返す必要は無くなります。お金を貸した質屋は保証として預かっていたカメラを売却することができるので、損はしません。

ID: ↑パーツ内本文:377文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: