国語言葉の意味

【慣用句】「虫の息」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターがわかりやすく解説!

「虫の息」の英訳は?

image by iStockphoto

「虫の息」の英訳は何と言うのでしょうか。

「faint breath」

日本語の「虫の息」は英語では「faint breath」と言います。あるいは「dying whisper」「at death’s door」「be breathing very fainty」「be hardly breathing」「be almost lifeless」とも言うのです。単語では該当ありません。

She is breathing faintly.(彼女は虫の息だ)
She is dying.(彼女は虫の息だ)

「虫の息」を使いこなそう

この記事では「虫の息」の意味・使い方・類語などを説明しました。

「虫」をキーワードとすることわざや慣用句はたくさんあります。昔から日本人は生活の中で虫を身近に感じ、いろんな虫からたくさんのことを学んできたのですね。独特の視点で虫を観察し、そのイメージからたくさんの虫のつくことわざや慣用句が生まれてきたのです。言葉の語源を探ってみることは面白いですね。これを機会にいろんな言葉の語源を調べてみましょう。

1 2 3 4
Share: