国語言葉の意味

【慣用句】「虫の息」の意味や使い方は?例文や類語をたくさんの文章を扱ってきたライターがわかりやすく解説!

この記事では「虫の息」について解説する。

端的に言えば虫の息の意味は「死にそうな息づかい」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

大手企業に35年以上勤務し仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験をもつベテランのKAIKAIを呼んです。このページでは一緒に「虫の息」の意味や例文、類語などを見て語彙力を高めていきます。

ライター/KAIKAI

東京の大手企業に35年以上勤務し仕事でたくさんの文章を扱ってきた経験を持つ。学生時代から国語が得意で言葉の意味には自信あり。

「虫の息」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「虫の息」(むしのいきい)の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「虫の息」の意味は?

国語辞典で検索すると「虫の息」には、次のような意味があります。

弱り果てて、今にも絶えそうな呼吸。また、その状態。

出典:デジタル大辞泉(小学館)/コトバンク「虫の息」

「虫の息」とは昆虫の呼吸の比喩表現であり、虫のようなかすかな量の呼吸という意味から、「弱り果てた人の呼吸が今にも絶えてしまいそうなことやその呼吸そのもの」を表現する慣用句です。虫は身近なものですが、決して長くは生きられないはかないものですし、そのはかない虫の行う呼吸は本当にごくわずかなものだと日本人は考えてきたわけですね。

「虫の息」の語源は?

ハエや蜘蛛といった小さな昆虫の呼吸は大変かすかなものだろうと昔の人が想像したためではないかと思われます。

\次のページで「「虫の息」の使い方・例文」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: