国語言葉の意味

「恬淡」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「恬淡」について解説する。

端的に言えば恬淡の意味は「欲がない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んだ。一緒に「恬淡」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「恬淡」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説。

ID: ↑パーツ内本文:80文字

「恬淡」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「恬淡」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?聞いた事がない・読み方も分からないという方が多いかと思います。「てんたん」と読みますよ。ひらがなだとさらに分かりにくい言葉ですよね。日常会話ではほとんど聞く事がないので、文書などで用いるのでしょうか。今回は馴染みがない言葉「恬淡」について詳しく解説をしていきます。

それでは早速「恬淡」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:188文字

「恬淡」の意味は?

「恬淡」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:20文字

1.欲がなく、物事に執着しないこと。また、そのさま。
2.無欲であっさりしていること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「恬淡」

ID: ↑パーツ内本文:61文字

「恬淡」とは「てんたん」と読み、「無欲であっさりしていること」の意。物事に全く執着を示さない人の事を言いますよ。何事にも無頓着でさっぱりとしている人ってたまにいますよね。そういう人はストレスフリーに見えて羨ましくも感じます。

さてこの「恬淡」という言葉、日常生活ではなかなか見聞きすることはありませんが、どんな使い方をするのでしょうか?「恬淡」は単体よりも「恬淡な・恬淡とした」のように、「恬淡だ」という形容動詞の連体形で用いられる事が多い言葉ですよ。また文語・口語どちらでも使われます。後ほど詳しく解説しますが、四字熟語も非常にたくさんある言葉なので、単体で見聞きする機会が少ないのかも知れませんね。

ID: ↑パーツ内本文:302文字

「恬淡」の語源は?

次に「恬淡」の語源を確認しておきましょう。漢字を分解して見ていくと分かりやすいので1語ずつ見ていきましょう。

「恬」という漢字は訓読みで、安らか・静かと読み、「落ち着いている・あっさりしている」などの意味があります。一方「淡」は「淡泊」という言葉でも使われているからイメージしやすいですね。こちらも訓読みで淡い・薄いと読み、「色や味が薄い・あっさりしている」の意。この2つの漢字が合わさり「無欲であっさりしている」の意味に成りますよ。

ID: ↑パーツ内本文:218文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: