国語言葉の意味

「ありありと」の意味や使い方は?例文や類語を日本文学科卒Webライターがわかりやすく解説!

この記事では「ありありと」について解説する。

端的に言えばありありとの意味は「はっきりと」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

日本語が好きで日本文学科を卒業したハルを呼んです。一緒に「ありありと」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/ハル

日本語が大好きで日本文学科を卒業。現在は子供が言葉を覚えていく様子を見ながら日本語の奥深さを実感中。多くの人にそのよいところを紹介したいとの思いを込めて丁寧に解説する。

「ありありと」の意味や語源・使い方まとめ

image by PIXTA / 30193161

「ありありと」という言葉をご存知ですか。聞いたことはあるけれど、詳しい意味をと言われると不安になるかもしれませんね。どんな意味を持つ言葉でしょうか。それでは早速「ありありと」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「ありありと」の意味は?

まず初めに、「ありありと」の意味を辞書で確認してみましょう。「ありありと」には、次のような意味があります。

1.はっきりと外に現れるさま。明らかに。
2.まるで現実であるかのようにはっきりと見えるさま。鮮やかに。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「ありあり」

「ありあり」は漢字で「有り有り」もしくは「在り在り」と書くこともあります。一般的に「ありありと」の形で用いられる言葉です。「気持ちや感情などが表れている様子」「そこにあるように見える様子」を表します。はっきりと現れるさま、また、夢や思い出などのように現実のことではないものが、あたかも現在目の前に具体的に起きているかのように鮮やかに心に浮かんだり、感じられたりするさまを表す言葉なのです。

「ありありと」の語源は?

次に「ありありと」の語源を確認しておきましょう。

「ありあり」は動詞「有り」もしくは「在り」を重ねた言葉です。「あり」を繰り返すことで意味を強め、はっきりとある様子を表しているのですね。「ありありと」は中世に成立した言葉で、その頃から「はっきりと」の意味で使われていました。

「ありありと」の使い方・例文

「ありありと」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「ありありと」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3 4
Share: