英訳英語

【英語】「言わぬが花」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

「言わぬが花」の英語での表現は?

image by iStockphoto

日本語の意味と使い方を復習したところで、いよいよ英語での表現を見ていきましょう。

「言わぬが花」の英語表現

「言わぬが花」の英語表現の一つは「better to leave it unsaid」です。

leave」は「〜のままにしておく」という意味。「unsaid」は「言わない」という意味です。「言わないままにしておく方が良い」という直訳になります。

どんなふうに使えるか、例文で考えてみましょう。

1.I wanted to talk the end, but I thought that is better to leave it unsaid. – Oh, yeah. I agree.
結末を言いたかったんだけど、これは言わぬが花だなと思ってね。ーああ、うん。僕もそう思う。

2.I thought it’s better to leave it unsaid. But Linda curiously asked me. So I couldn’t stand for it.
言わぬが花だって思ってたんだけど。リンダが好奇心ですごく聞いてくるから、耐えられなくって。

3.Why didn’t she told me such an important thing? – She thought it is better to leave it unsaid.
どうして彼女はそんな大事なこと言わなかったの?ー言わぬが花って思ったんじゃない。

「better leave it unsaid」と似たような英語表現・フレーズは?

最後に英語で使われる同じような意味を持つ表現を見ていきましょう。

似た表現「the less said the better」

言い回しは異なりますが、下記でも「better leave it unsaid」と同じような意味を表現することができます。

それは「the less said the better」です。「口数は少ない方がいい」とも訳せるでしょうか。「言わぬが花」に通じるものがありますね。

こちらも、どんなふうに使えるか例文で考えましょう。

\次のページで「「言わぬが花」を英語で言ってみよう」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: