国語言葉の意味

【慣用句】「我関せず」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「我関せず」について解説する。

端的に言えば我関せずの意味は「関係ない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んだ。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「我関せず」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。特に流行とやらには我関せずを貫くことが多い。流行を追い続けるのは疲れるからだ。今はスタンダードを究めるべく日々精進している。

「我関せず」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「我関せず」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「我関せず」の意味は?

まずは「我関せず」(われかんせず)の意味を辞書で調べてみます。すると、このように記載されていました。

「我関せず焉(えん)」に同じ。「周囲で何が起こっても我関せずと見向きもしない」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「我関せず」

「我関せず」は「我関せず焉」に同じとありました。それはどういうことでしょうか。

というのも、「我関せず」はもともと漢文を由来としています。その原文が「我不関焉」というように、「焉」という字も含んでいるからです。「焉」については後述しますが、ともかく「我関せず」と「我関せず焉」は同じ意味を持っています。そうと分かれば、「我関せず焉」を見てみるしかありません。

《「焉」は漢文で断定の意を表す助辞》自分には関係がない。超然としているようすをいう。我関せず。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「我関せず焉」

我関せず焉」(われかんせずえん)とは「自分には関係ない」という意味の言葉です。そして、周囲で何が起ころうと平然としている様子を表します。もちろん「我関せず」も同じ意味です。

ところで、なぜ「我関せず」などと「焉」を省いた言い方が広まっているのでしょうか。それには、漢文の授業をおさらいしなければなりません。漢文には、「助字」と呼ばれる文法的機能を示す文字があります。その「助字」の中には、漢文を訓読するときには読まないものもあるのを覚えているでしょうか。それを「置き字」と言います。「我関せず焉」の場合、「焉」(エン)は断定の意味を持ちますが、訓読するときは「焉」を読みません。

つまり、「我不関焉」を書き下し文にすれば「我関せず焉」ですが、音読する場合は「焉」を読まずに「われかんせず」です。その音読したものをそのまま文字に起こせば「我関せず」になります。よって、「我関せず」も「我関せず焉」も同じであり、時代が進むにつれて「我関せず」の方が広く使われるようになりました。

「我関せず」の使い方・例文

「我関せず」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.2人の仲については残念ながら我関せずだ。
2.さっきから隣の部屋の騒音がすごいのに、よく我関せずの態度でいられるね。
3.我が社に新人の女性社員が加わったのだが、電話が鳴っても我関せずとでも言わんばかりに素知らぬふりをするので、それも大切な仕事だとしっかり教え込まなければならない。

例文1のように、自分は関わりを持たないという態度を示す意味で「我関せず」を使うことがあります。しかし、それよりも「我関せず」をよく聞くシチュエーションがあるのではないでしょうか。

「我関せず」という言葉が多く使われるのは、自分には関係ない、他人事であるという態度を取る人に対して言うときでしょう。例文2と3がその典型と言えます。

no-img2″>
 <figcaption class=桜木建二

「我関せず」は「我関せず焉」とも言うとふれたな。その「焉」は置き字というもので、訓読するときには読まなくてもいい。

中学校国語レベルでは、6つの置き字さえ覚えれば十分だ。以下にそれらをまとめてみた。

・「而」(ジ):接続(順接、逆接)

・「於」(オ)「于」(ウ)「乎」(コ):前置(場所、対象、受身、比較など)

・「矣」(イ)「焉」(エン):断定、強調など

いちおう漢字には音読みが振ってはあるが、訓読するときは読まなくていい文字だ。そういう意味になるとさえ覚えておけばいいぞ。

「我関せず」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ところで、「我関せず」の類義語は何でしょうか。違いとともに見ていきましょう。

\次のページで「「お門違い」「対岸の火事」」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: