国語言葉の意味

「腰抜け」の意味や使い方は?例文や類語を読書好きWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「腰抜け」について解説する。

端的に言えば腰抜けの意味は「臆病なこと」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

接客業で鍛えられた語学力を持つAYAを呼んだ。一緒に「腰抜け」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ライター/AYA

長年接客業で培った「正しい敬語」を武器に、新人教育の経験も豊富なライターAYAが「腰抜け」について読み方から使い方、よくある読み間違いも含めて、分かりやすく解説してい来ます。

「腰抜け」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

「腰抜け」と聞くとどんな事を思い浮かべますか?根性なし・ヘタレなどの「弱虫」に分類される言葉を連想させますね。憶病なイメージがありますが果たしてイメージ通りなのか、どのような場面で用いるのが正しいのか、今回は「腰抜け」という言葉について詳しく解説をしていきます。

それでは早速「腰抜け」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「腰抜け」の意味は?

「腰抜け」には、次のような意味があります。

1.腰の力が抜けて立てなくなること、また、その人。
2.意気地がなく、憶病なこと。また、その人。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「腰抜け」

「腰抜け」とは「こしぬけ」と読み、文字通り「腰が抜けている状態」の意。ビックリしたり怖い思いをして腰の力が入らなくなって立てなくなる状態を言いますよ。これに派生して「意気地がなく、憶病な人」のことを侮蔑する表現としても用いられています。「とんだ腰抜けだな」「腰抜けには用はないよ」のような使い方をしますよ。

「腰抜け」の語源は?

次に「腰抜け」の語源を確認しておきましょう。語源は至ってシンプルで前章の言葉の意味の所でも少し触れている通り、「腰抜け」は臆病で何に対しても消極的だったり、いざという時でも行動を起こせない人のことを「腰抜け」と言います。

いつから使われているのかを調べてみましたが、明確な情報を得る事はできませんでした。ですが「腰抜け風呂」という言葉が江戸時代の国語辞典『俚言集覧(りげんしゅうらん)』に載っていることから、少なくとも江戸時代より前から使われていたことが分かりましたよ。ちなみに「腰抜け風呂」とは「お風呂場で腰が抜けたのではないかと思われるほどの長風呂」の事を指しますよ。

次のページを読む
1 2 3 4
Share: