国語言葉の意味

「性懲りも無く」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「性懲りも無く」について解説する。

端的に言えば性懲りも無くの意味は「同じ過ちを繰り返しても、一向に改めない」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

幼少期から様々な分野の本を読み続け、知識を深めてきた川瀬を呼んだ。一緒に「性懲りも無く」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/川瀬

幼少期から多種多様な本を与えられて育ち、分からない言葉があれば辞書で引く癖がついていた。本を読む度に、細やかで表現力豊かな美しい日本語に魅了される。これまでの読書量を活かし、丁寧に言葉の意味を解説していく。

ID: ↑パーツ内本文:103文字

「性懲りも無く」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

皆さんは「性懲りも無く」という言葉をご存じでしょうか。日常生活でも度々使われる言葉なので、耳にしたことがある方もの多いと思います。しかし、聞いた事があっても意味は分からないという方も多いです。それでは早速「性懲りも無く」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:130文字

「性懲りも無く」の意味は?

「性懲りも無く」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:24文字

同じ過ちを繰り返しても、一向に改めない。「―・く賭事に手を出す」「―・い人だ」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「性懲りも無く」

ID: ↑パーツ内本文:64文字

「性懲りも無く」とは「しょうこりもなく」と読み、「同じ過ちを繰り返しても、一向に改めない」という意味があります。「繰り返す」とあるように、同じ失敗を繰り返していても、こりずに繰り返している場合に使いましょう。

例えば、ビジネスシーンだと遅刻をして上司に酷く叱られて泣いてしまった社員がいます。その社員は懲りたように見えていましたが、すぐ次の日に遅刻をしてしまった場合に「性懲りも無く遅刻した」という使い方をするのです。

ID: ↑パーツ内本文:210文字

「性懲りも無く」の語源は?

次に「性懲りも無く」の語源を確認しておきましょう。そもそも「性懲り」とは、「心の奥から本当に懲りること」という意味があります。また、「性懲り」の「懲り」には「痛手をうけ、二度とやるまいと思う。」という意味があるのです。そのため、「性懲りも無く」とすることで、「こりずに」という意味の言葉になります。

ID: ↑パーツ内本文:149文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: