国語言葉の意味

「後ろ盾」の意味や使い方は?例文や類語をWebライターが解説!

よお、ドラゴン桜の桜木建二だ。この記事では「後ろ盾」について解説する。

端的に言えば後ろ盾の意味は「背後を守る盾。転じて、後方から支援している者、陰で援助している者」だが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

放送局の制作現場の最前線で10年の経験を積んだsinpeito88を呼んだ。一緒に「後ろ盾」の意味や例文、類語などを見ていくぞ。

解説/桜木建二

「ドラゴン桜」主人公の桜木建二。物語内では落ちこぼれ高校・龍山高校を進学校に立て直した手腕を持つ。学生から社会人まで幅広く、学びのナビゲート役を務める。

ID: ↑パーツ内本文:76文字

ライター/sinpeito88

放送局の現場で10年間、ニュース原稿などを日々執筆。より正確な情報を届けられるよう言葉の探求を続けている。

ID: ↑パーツ内本文:53文字

「後ろ盾」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「後ろ盾」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。ちなみに、この言葉の読みは「うしろだて」です。

ID: ↑パーツ内本文:54文字

「後ろ盾」の意味は?

「後ろ盾」には、次のような意味があります。

ID: ↑パーツ内本文:21文字

背後を守る盾。転じて、後方から支援している者、陰で援助している者を意味する表現。

出典:デジタル大辞泉(小学館)「後ろ盾」

ID: ↑パーツ内本文:62文字

「後ろ盾」には「背後を守る盾。転じて、後方から支援している者、陰で援助している者を意味する表現」という意味があります。元々は、戦で自分の背後を守ってくれている盾のことをそう呼んでいました。そこから、自分のことを後方から支援してくれる、陰ながら援助してくれているものという意味になっていったのです。

「後ろ盾」があることで、その人は思い切って前に攻め入ることが出来ますし、背後から刺される心配をすることもありません。本人の実力はもちろんですが、この「後ろ盾」があるかどうかは、競争社会において、成功をつかむ確率を上げるために必要な要素となります。

ID: ↑パーツ内本文:273文字

「後ろ盾」の語源は?

次に「後ろ盾」の語源を確認しておきましょう。戦において、自分の後方を守ってくれる存在。まさに「盾」となってくれる人がいました。そうした存在があるから戦場で攻撃に出ていくことが出来るわけです。そうしたことから、「自分のことを援護してくれる存在」という意味でつかわれるようになりました。

ちなみに、「後ろ盾」は「後ろ楯」や「後盾」とも表記することが出来ます。 

ID: ↑パーツ内本文:184文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share: