この記事では「手を握る」について解説する。

端的に言えば手を握るの意味は「協力する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んです。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「手を握る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。他人に対して苦手意識をあまり持たないので、誰かと手を握ることに関してこれといった感情はない。ただ「ちょっと合わないなぁ」って思うだけだ。

「手を握る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手を握る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「手を握る」の意味は?

「手を握る」には、次のような意味があります。

力を合わせて事にあたる。また、仲直りする。「与野党が—・る」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手(て)を握(にぎ)・る」

「手を握る」と聞けば、女性や男性が好意を抱く相手とのスキンシップを図るための行為などと思うのではないでしょうか。しかし、慣用句の「手を握る」にはそういった意味はありません。

慣用句で言う「手を握る」(てをにぎる)とは、「力を合わせる」や「仲直りする」という意味です。つまり、「友達と手をつなぐ」というよりも、「交渉が成立して握手する」ということになります。

「手を握る」の使い方・例文

「手を握る」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「手を握る」の類義語は?違いは?」を解説!/

1.プライドを捨ててまで長年ライバル視していた男と手を握る決断を下した。
2.A国とB国は長年武力衝突を繰り返してきたが、伝染病対策のためにいったんは手を握って休戦協定を結んだ。
3.普段は口も聞かないほど仲が悪い人気者同士の二人だが、ガールズグループとして成功するためにはと彼女たちが手を握り、お互いの足の引っ張り合いだけはしないと決めた。

もともとの手を握り合う行為は2人で行うものです。よって、慣用句の「手を握る」も、2人あるいは1対1の状況で語られます。

例文2が分かりやすいでしょうか。対立し合うAとB2つの国が「手を握っ」て協定を結ぶというものです。もしも、これがいわゆる三すくみの状況になれば「手を握る」とは言いづらいでしょう。その場合は「手を取り合う」が適切と考えられます。逆に多くの国が入り乱れる状況に進展したとしても、2つの勢力に分かれた場合には「手を握る」を使ってもかまいません。

「手を握る」の類義語は?違いは?

image by iStockphoto

ところで、「手を握る」の類義語は何でしょうか。違いとともに見ていきましょう。

「手を組む」「手を結ぶ」

「手を握る」に似た言葉で、「手を組む」と「手を結ぶ」があります。2つの言葉の意味は、果たしてどう定義されているのでしょうか。

まずは「手を組む」の意味を辞書で見てみましょう。

仲間になる。協力する。「外国資本と—・んで事業を始める」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手(て)を組(く)・む」

「手を組む」の「仲間になる、協力する」という意味は、「手を握る」にもあります。しかし、「手を握る」にある「仲直りする」という意味は、「手を組む」にはありません。「仲間になる」と「仲直りする」は近いとも言えますが、「仲直り」はもとは仲が悪かった者同士が関係を修復することであるため、その点が違うということになります。

では、「手を結ぶ」の意味はどうなっているのでしょうか。こちらも辞書で意味を見ることにしましょう。

「手を握る」に同じ。「官民が—・ぶ」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手(て)を結(むす)・ぶ」

なんと、「手を結ぶ」と「手を握る」は同じということになります。よって、「手を結ぶ」は「協力する」と「仲直りする」と両方の意味を持つということです。

「手を握る」の対義語は?

ならば、「手を握る」の対義語は何でしょうか。

「袂を分かつ」

もしも慣用句から「手を握る」の対義語を探すとすれば、「袂を分かつ」(たもとをわかつ)になるでしょう。

慣用句「袂を分かつ」の意味は「別れる、関係を断つ」です。「手を握っ」て仲間になった者同士が、「袂を分かつ」ことで再び敵として相まみえる、といった具合となります。

慣用句と限定しなければ、「手を握る」の対義語はいくらでも挙げることができるでしょう。「絶縁する」「絶交する」「決別する」「決裂する」「離縁する」などきりがありません。「繋がりが切れる」「別々の道を行く」「それぞれの道を歩む」というのもあります。

「手を握る」の英訳は?

image by iStockphoto

さらに「手を握る」の英訳も見てみましょう。

\次のページで「「join hands」」を解説!/

「join hands」

確かに「collaborate」「cooperate」「make peace with」「work together」など、検索すればいくらでも「手を握る」の英訳を見つけられるでしょう。しかし、この記事にピッタリな表現がありますので、そちらを紹介しましょう。

join hands」という表現には、日本語で「手を握る、提携する、結婚する」などの意味があります。やはり「hands」を使った表現です。もちろん手と手を握り合うわけですから、複数形「hands」を使うということに注意しましょう。

「手を握る」を使いこなそう

この記事では「手を握る」の意味・使い方・類語などを説明しました。

自分と考え方や信条が違う人と行動をともにするのは容易ではありません。それまでのキャリアや能力、趣味嗜好やライフスタイルが違ってもそれは同じことです。恋人同士なら「手を握っ」たりつなぎ合ったりするのは簡単かもしれませんが、そうでない他人とあなたが「手を握る」のは大変なことでしょう。それでもビジネスと割り切って「手を握る」こともあります。やはり「手を握る」ことで得られるメリットは大きいのです。

" /> 【慣用句】「手を握る」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説! – Study-Z
国語言葉の意味

【慣用句】「手を握る」の意味や使い方は?例文や類語を雑学大好きwebライターがわかりやすく解説!

この記事では「手を握る」について解説する。

端的に言えば手を握るの意味は「協力する」ですが、もっと幅広い意味やニュアンスを理解すると、使いこなせるシーンが増えるぞ。

国立大で国語学を学んだライターのタケルを呼んです。言葉の解説を得意としていて、大学時代はクイズサークルに所属していたので雑学にも詳しい。一緒に「手を握る」の意味や例文、類語などを見ていきます。

ライター/タケル

某国立大で日本語学を専攻。他人に対して苦手意識をあまり持たないので、誰かと手を握ることに関してこれといった感情はない。ただ「ちょっと合わないなぁ」って思うだけだ。

「手を握る」の意味や語源・使い方まとめ

image by iStockphoto

それでは早速「手を握る」の意味や語源・使い方を見ていきましょう。

「手を握る」の意味は?

「手を握る」には、次のような意味があります。

力を合わせて事にあたる。また、仲直りする。「与野党が—・る」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「手(て)を握(にぎ)・る」

「手を握る」と聞けば、女性や男性が好意を抱く相手とのスキンシップを図るための行為などと思うのではないでしょうか。しかし、慣用句の「手を握る」にはそういった意味はありません。

慣用句で言う「手を握る」(てをにぎる)とは、「力を合わせる」や「仲直りする」という意味です。つまり、「友達と手をつなぐ」というよりも、「交渉が成立して握手する」ということになります。

「手を握る」の使い方・例文

「手を握る」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

\次のページで「「手を握る」の類義語は?違いは?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: