英訳英語

【英語】「水泡に帰す」は英語でどう表現する?英訳や使い方・事例を専門家がわかりやすく解説!

この記事では「水泡に帰す」の英語表現について解説する。

この言葉の代表的な英訳は「come to nothing」ですが、幅広い意味やニュアンスを理解すると英語でも使いこなせるシーンが増えるぞ。

個別指導塾の元講師で、受験生の指導経験が豊富なライターさとみあゆを呼んです。一緒に「水泡に帰す」の英訳や使い方を見ていきます。

ライター/さとみあゆ

個別指導塾で多くの受験生を指導してきた経験を持つ。そのノウハウを駆使し、受験生だけでなく社会人にも「使える英語」を伝授する。

「水泡に帰す」の意味と使い方は?

「水泡に帰す」は「すいほうにきす」と読みます。「水泡に帰する」という言い方もあり、どちらも意味は同じです。それでは、「水泡に帰す」の意味と使い方をまずは見ていきましょう。

「水泡に帰す」の意味

「水泡に帰す」には、次のような意味があります。

努力のかいもなく全くむだに終わる。「これまでの苦労が―・する」

出典:デジタル大辞泉(小学館)「水泡に帰する」

「水泡に帰す」の使い方・例文

「水泡に帰す」は、今までの努力や成果などが無駄になってしまうという意味です。水の上に浮かぶ泡が、あっという間にはかなく消えてしまうことからできた言葉だと考えられています。「水の泡(みずのあわ)となる」という表現もありますが、意味は同じです。次に「水泡に帰す」の使い方を例文を使って見ていきましょう。この言葉は、たとえば以下のように用いられます。

1.半日かけてデータを入力したのに、パソコンがフリーズしたことで今までの苦労が水泡に帰した。
2.コンクールの当日にケガをしてしまったことで、すべてが水泡に帰した。
3.ここで会社を辞めてしまったら、築き上げてきたキャリアが水泡に帰すのは言うまでもない。

\次のページで「「水泡に帰す」の英語での表現は?」を解説!/

次のページを読む
1 2 3
Share: