国語言葉の意味

【慣用句】「荷が重い」の意味や使い方は?例文や類語をプロダクション編集者が解説!

その2「まずい」

「まずい」は「まずい歌でも伴奏がいいとよく聞こえるもんだ」「彼女の字は相当にまずい」などのように技術が巧みでない様子を表し、技術が未熟であるのみならず結果がよくないことを暗示します。この「まずい」は「下手」に似ていますが、「下手」がやや客観的に技術のなさを述べるのに対して、「まずい」は技術が巧みでないために結果がよくないというニュアンスがあり、よくない結果について慨嘆ないし不快の暗示がありますよ。そのため「まずい歌」は「芸術的に好ましくない歌」、「下手な歌」は「声や技術が巧みでない歌」というニュアンスになります。また「拙い」にも似ていますが、「拙い」は文章語的で日常会話には登場せず、やや間接的なニュアンスのある点が異なるでしょう。ちなみに「荷が重い」との違いは、「まずい」は技術が未熟であるのみならず結果がよくないことを暗示するという点です。

ID: ↑パーツ内本文:375文字

その3「乏しい」

「乏しい」は必要量に足りない様子を表す形容詞具体的な物の量が足りない場合と、抽象的なものが基準に達していない場合とがあります。やや文章語的で日常会話にはあまり登場しません。例えば「日本には石油資源がとぼしい」「保存食糧がとぼしくなってきた」が基本的な意味、「とぼしい中から分かち合ってきた仲だ」は物質的に必要量が足りない結果、生活が苦しいという意味で、「貧しい」に近いです。抽象的なものが基準に達していないという意味で用いる場合、「□□がとぼしい」「□□にとぼしい」と二通りの助詞を伴いますよ。「乏しい」は「貧しい」に似ていますが、「貧しい」が物質的に不足している結果、生活が苦しいという意味であるのに対して、「乏しい」はふつうは生活の苦しさまでは暗示せず、客観的にあるものの量が不足していることだけを表す点で異なります。

ID: ↑パーツ内本文:362文字

不足しているという意味では「少ない」にも似ていますが、「少ない」が量が小であることについての客観的な表現であるのに対して、「乏しい」は必要量に足りないという比較したうえでの不足を暗示し、マイナスイメージの語になっていて、量が小であることが好ましい場合には用いられません。したがって「その国では交通事故の死者が乏しい」は誤用となり、正しくは「その国では交通事故の死者が少ない」となりますよ。なお「荷が重い」との違いは、「荷が重い」は能力に対して仕事の負担や責任が大きいという点です。

ID: ↑パーツ内本文:240文字

「荷が重い」の対義語は?

「荷が重い」と反対の意味に近い言葉をご紹介します。さっそく見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:38文字

「ちょろい」

「ちょろい」は「こんな仕事、ちょろいちょろい」「彼にしてみればちょろい問題だよ」などのように簡単で容易である様子を表しますよ。日常会話中心に用いられる俗語で、対象に対する侮蔑の暗示のある語です。述語で用いられることが多く名詞にかかる修飾語になることもありますが、述語にかかる修飾語で用いられることは少ないでしょう。また「ちょろい」は「容易い」「やさしい」「わけない」などに似ていますが、これらには侮蔑の暗示はないか、あっても「ちょろい」よりは格段に少ないです。

ID: ↑パーツ内本文:230文字

「荷が重い」の英訳は?

image by PIXTA / 59082586

「荷が重い」の英訳にはどのようなものがあるのでしょうか。英語で「荷が重い」と言い表す時の例をさっそく見ていきましょう。

ID: ↑パーツ内本文:59文字
次のページを読む
1 2 3 4
Share:
Ozean